ナニコレ珍百景 動画 2022年5月8日 22/5/8

この動画は著作権所有者の要請により削除される場合がありますので、お早めにご覧ください。

Description

ナニコレ珍百景 動画 2022年5月8日 22/5/8 1080P HD

ナニコレ珍百景 謎の石積みだらけの川原&牛の行列が歩く道路&寺の鐘が屋根の上? 2022年5月8日(日) 19:00 ~ 19:58

▼農業高校が出場する「和牛甲子園」とは ▼日光…超自然的な石積みだらけの川の中州を調査 ▼大阪…なぜ?寺の屋根の上に鐘つき台 ▼鹿児島…本物?「ツチノコ販売所」
◇番組内容▼宮崎・日之影町…山の集落の道路をゾロゾロ歩く牛の群れ
▼栃木・日光…川の中州になぜ?高く積まれた石の塔が大量発生!
現地テント泊の徹底調査で意外過ぎる事実が判明
▼千葉・白井…道路わきの林に「名馬生食」と書かれた謎の旗
▼鹿児島・錦江町…未確認生物を捕獲販売?
田舎の道路沿いの「ツチノコ販売所」
▼神奈川・海老名…中央農業高校も出場!「和牛甲子園」
日本全国の農業高校生が真剣勝負する大会に密着◇番組内容2▼大阪市城東区…歴史ある名寺の鐘が街を一望できる屋根の上に!
住職が語った驚きの理由とは?
▼静岡・湖西市…広い公園にパンダの遊具が1つだけ
市長が説明してくれた意外な理由
▼鹿児島・南九州市…小学生が投稿!毎日飛んでくるオレンジの鳥!
&日本でココだけ?観賞用タツノオトシゴを養殖するハウスほか
◇出演者
【MC】名倉潤・堀内健(ネプチューン)
【珍定委員長】原田泰造(ネプチューン)
【進行】斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)
【珍定ゲスト】高畑淳子・マヂカルラブリー(野田クリスタル・村上)
【ナレーター】奥田民義
◆パンダの遊具1つだけの公園(静岡県湖西市)
静岡県湖西市の住宅街にある公園にパンダの遊具が1つだけある光景。その公園はそれなりの広さがあるにもかかわらず、遊具は子ども1人が乗って揺らすパンダの遊具のみ。偶然現れた湖西市の市長に聞いてみたところ、湖西市ではある基準があるために、遊具を1つだけ設置したというが、はたして…?◆お寺の屋根の上にある鐘(大阪府大阪市)
大阪市城東区の住宅街にある200年以上の歴史をもつ寺の屋根に鐘つき台が取り付けられている光景。一般的にお寺の鐘楼は境内にあり、お寺の方が鐘を鳴らせるようになっているが、この寺では本堂のわきの階段で屋根の上まで上がらないと鐘を打てない。住職に話を聞いたところ、ある“うっかり”がきっかけに、今のように屋根の上に鐘を設置するに至ったそう! しかし、高さ13mの場所にあり見晴らしがよく、地元の方が鐘に手をあわせてくれているのも見かけるそうで、今ではなくてはならないものになったとか!

◆毎日飛んでくるオレンジ色の鳥(鹿児

島県南九州市)
鹿児島県南九州市で、小学校2年生が投稿してくれた、学校から帰る時に毎日オレンジ色の鳥が飛んでくる光景。実際にそのオレンジ色の鳥を取材しようとしたが、撮影することはできなかった。そこで鳥類に詳しいNPO法人の人に聞いてみたところ、積雪を避けて冬に日本南部にやってくるある渡り鳥ではないかとのこと。オレンジ色の鳥を見ることはできなかったが、投稿者の小学2年生は日本で唯一養殖しているあるものも紹介してくれた! その貴重なものとは!?◆道路わきに「ツチノコ販売所」(鹿児島県錦江町)
鹿児島市中心街から日本で唯一、フェリーに乗る路線バスに乗っていく大隅半島の西部にある錦江町の郊外の道路沿いに「ツチノコ販売所」がある光景。「ツチノコ販売所」と書かれたのぼりがたくさん立てられたその場所を訪れ、未確認生物のツチノコを売ってもらえないか聞いてみたところ、「ツチノコは売っておりません」とのこと。では、なぜ「ツチノコ販売所」となっているのか…?

◆林に「名馬生食」という謎の旗(千葉県白井市)
千葉県白井市の道路わきの林に「名馬生食」と書かれたのぼりが立っている光景。しかし、その周辺には馬刺しを食べられるような店はなかった。地元のことに詳しい方々に話を聞いたところ、そののぼりが立っている林は、神社から少し離れた場所で、昔、鎌倉時代の名馬の墓があったというが…はたして「名馬生食」の真相とは!?

◆石が積まれた川原(栃木県日光市)
栃木県日光市を流れる大谷川の河川敷の中州の辺り一帯に石が高く積まれている光景。石積みは100以上あり、まるで、亡くなった子どもが父母を供養するために石を積む「賽の河原」のような光景になっていた。川の流れなどで自然に積み上がることはないそうで、誰がどんな目的で積んでいるのか謎を探るために、テントをはって張り込み調査! すると、ある男性(80歳)が声をかけてきて、その人が石を積んでいたと判明。そこで石を積んでいる理由を直撃!

◆牛の群れが道路を歩く山の集落(宮崎県日之影町)
宮崎県日之影町の山の一般道を12頭もの牛がぞろぞろと歩いている光景。そこは3世帯だけが暮らしているという中尾集落で、農業を営む男性(71歳)が育てている牛たちが毎朝、飼育小屋を出て草を食べるために牧場へ行くために道をぞろぞろと歩いているそう。しばらく放牧した後は、その道を戻って牛小屋に帰るのだという。その驚きの光景とは?

◆農業高校が出場する「和牛甲子園」(神奈川県海老名市)
神奈川県海老名市にある農業高校の酪農部が出場する「和牛甲子園」の光景。和牛甲子園とは、日本全国に300校ほどある農業高校のうち、畜産学科のある35校が参加して牛の肉質や牛を育てる取り組みを競う大会。海老名市のこの農業高校は、神奈川県内に5校ある農業高校で唯一、農業系の学科しかなく、通っている生徒の約90%は農家ではないのだが、家畜の生態や管理方法などを学んでいる畜産科学科の生徒たちは、将来、農業や動物に関連する仕事に就きたいと考えているという。そこの酪農部では和牛の4種類(黒毛和牛、日本短角牛、褐毛和牛、無角和牛)を飼育しており、生き物が相手なので、年間365日休みがなく活動しているそう。今回で5回目を数える和牛甲子園の審査は「取組評価部門」と「枝肉評価部門」の2つがあり、酪農部は「取組評価部門」にエントリー。その結果は…?