連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME 動画 2021年12月10日 21/12/10

この動画は著作権所有者の要請により削除される場合がありますので、お早めにご覧ください。

Description

連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME 動画 2021年12月10日 21/12/10 バラエティ動画高画質 JPSHOWBIZ Tver Gyao 9tsu Bilibili Miomio Dailymotion Pandora

連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME<フジバラナイト FRI>動画 2021年12月10日

エンターテインメントのバックステージを放送する連続ドキュメンタリー番組。ある1つのテーマを長期密着取材し、複数週に渡ってリアルを描き出します。

今年4月に始動した「株式会社TOKIO」特集の第3話。

6月下旬、TOKIOの3人は福島県にいた。レギュラー番組での企画をきっかけに、20年以上通い続けたつながりの深い場所だ。この日は、県産品の魅力を発信するキャンペーン「ふくしまプライド。」のCM撮影が行われていた。さらに、福島県庁内にある「TOKIO課」に、木製の看板が設置された。この看板は、3人が自ら木を伐採、彫刻刀で掘り上げ、ニスを塗って完成させたものだ。国分太一は「本当に何でも作ってるね」と笑顔を見せた。

松岡昌宏は、主演舞台『東京ゴッドファーザーズ』に挑んでいた。13歳の時、自ら履歴書を送り事務所に入所した松岡。そして17歳でTOKIOとしてデビューを果たす。当時を振り返り、「TOKIO松岡っていうのを覚えてもらうためにいろいろしましたね。何をしたかっていうと、ジャニーズ事務所なのにサングラスをして髪ぶっ立ててっていう。なんだあいつは、っていう風に思われる。でも、なんだあいつは、ってなれば覚えられますよね。覚えられたら僕の勝ちなんですよ」と語った。

タレント活動と並行して、株式会社としての仕事も日に日に増していた。この日国分が訪れたのは、あるIT企業が主催するイベント。国分には株式会社を始動させた時から、常に持ち歩いているものがあった。それは自らデザインした、会社のステッカー。仕事相手に株式会社TOKIOの名を覚えてもらうためにと、この日もスタッフひとりひとりにステッカーを手渡していた。

会社始動から7カ月、国分には久しぶりに会いたい人がいた。それはデビュー前から30年来の親友、井ノ原快彦国分が、会社を作るというアイデアを最初に相談したひとりだという。まさにその場所で、2人は懐かしい下積み時代の話に花を咲かせる。そして井ノ原の「(会社の設立に)メンバーはなんて言っていたの?」という問いに、国分は「こんなタイミング、チャンスはないということで、改めてもう1回スタートラインに立って、この年齢でも必死に汗かいている姿を見せることで、何か僕らにもプラスになるものがあるんじゃないのかな、って言ったら、『面白いかもね』みたい感じで、すぐ理解してもらえた」と明かした。さらに、TOKIO3人で話し合う中で「すごい反省した部分もある」と、親友の井ノ原を前にしたからこその本音も語られる。

新しいグループの形を模索し、走り続ける株式会社TOKIO。会社のモットーである、自ら汗をかいて手を動かすモノづくりへの想い、そしてその原点に迫る。

JPSHOWBIZ.US 新しい動画がアップロードされたときに通知を受け取りますか?
Dismiss
Allow Notifications